大阪で人気があるお仕事は?

大阪で働く前に西日本最大の都市・大阪のお仕事事情を詳しく紹介!人気が高いIT業界・介護業界・金融業界の仕事内容や求められている人物像についてひも解いていきます。

気になるお仕事事情について

気になるお仕事事情について

大阪のお仕事事情はどんな傾向があるの?

長らく就職難が続いていましたが、最近はそこから脱却し求職者有利の売り手市場に変わったといわれています。しかし、すべての人が希望するところに就職や転職をしているわけではありません。中には厳しい状況に置かれている人もいますが、比較的大阪は求人数も多く常に募集されている状態なため、求職者が有利に進めることができます。
大阪で人気があるのはサービス業や製造業、小売販売などの流通業ですが、近年は西日本最大の都市だけあってIT関連の仕事や金融業界の求人も増加傾向になっています。また、大きな都市には年齢を問わず人が集まるため、人材不足に頭を抱えている介護業界の求人も増えています。

エリアで求人の動向も違う

大阪の場合、エリアによって人口数が異なるため、募集している求人もそれぞれ異なっています。たとえば、人口が多い大阪市や堺市には繁華街が多いため飲食店の募集が多くなっていますが、都市部から少し離れているものの交通の利便性が高い豊中市や高槻市、吹田市はベットタウンだけあって閑静な住宅街が広がっており、高齢者の割合も多いため介護福祉士などの福祉系の求人が多く募集されています。

転職におすすめの職種は?

大阪での転職に人気の職種は、若手も積極的に採用しキャリアアップを図りたい人におすすめのIT業界や求人ニーズが高く転職しやすい福祉・介護業界、高く安定した収入が手にできる金融業界です。これらの業界は人手不足に悩まされているため、他の業界よりも採用される確率も高く、求人数も多いため求職者にとっては有利な状況です!

IT業界はそれなりのスキルが求められる

IT業界といっても、インターネットやWeb業界と情報処理サービス業界、ソフトウェア業界、ハードウェア業界と細かく分かれています。そのため、人材も大幅に不足しているわけですが、IT業界は日進月歩の世界。最新技術の情報は常に収集しておかなければならないし、チームで仕事を行うためコミュニケーションスキルも必要です。また、抽出したデータをどのように解析するのか、そのデータを利用するにはどうすればいいのかを判断するためには広範囲の知識が必要になります。
さらに、顧客の要望に応えるためにはコミュニケーション能力だけでなく、交渉力も求められますし迅速に開発するためには高いプログラミングのスキルも必要です。

介護業界は前向きな気持ちが必要

介護業界は人手不足が大きな問題となっていますが、それでも12年の間に介護に携わる人の数を3倍にまで増やすことができています。それなのに、なぜ人手不足だと声高に叫ばれているのでしょうか。それは高齢者の方が介護に携わる人よりもハイスピードで増加しているからです。そのため、高齢者が大幅に増えるといわれている2025年には20万人ほど足りなくなるといわれています。
人材不足が深刻なため、経験がなくても「介護業界で働いてみたい!」という前向きな気持ちがある人は大歓迎で受け入れてくれますよ。

金融業界は売り手市場

金融業界はある程度の経験が必要なイメージがあるため、転職もしにくいのでは?と考えている人もいるかと思います。しかし、金融業界出身者は数字に強く経営に明るい、研修をしっかりと受けているため社会人としてのスキルが備わっている、知識レベルが高い、などプラスな面が多いため金融業界だけでなくさまざまな業界でも金融業界出身者を求めています。そのため、転職先には同じ金融業界だけでなく外資系のコンサル会社や公務員、経理、ベンチャー企業、などがあり引く手数多の状況です。

大阪で働きたいならチェックしておこう!

  • メリットデメリットを比較!

    大阪への転職を後悔しないために、事前にメリットとデメリットをよく理解しておきましょう。大阪は経済が活発化しているため求人も多く集まっていますが、数が多いため中にブラック企業が混ざっていても見極めることはそう簡単なことではありません。また、大阪はウェットな人間関係を好む傾向があるため、なじむまで時間がかかってしまうことがあります。

大阪で働きたい方へ

当サイト「なにわ求人情報局」では、東京に次ぐ第二の都市・大阪で人気がある業界を中心にお仕事事情や転職を成功させるポイントを紹介しています。当サイトについてのお問い合わせは【こちらから】お願いします。