多くのビジネスパーソンを輩出している大阪の気質とは?

大阪で働く前に西日本最大の都市・大阪のお仕事事情を詳しく紹介!人気が高いIT業界・介護業界・金融業界の仕事内容や求められている人物像についてひも解いていきます。

「大阪=ビジネスに熱い街!」

「大阪=ビジネスに熱い街!」

大阪に対するイメージは?

大阪といえば、「面白い」「ノリがいい」「パワフル」といったようなイメージを思い浮かべる人がいますが、大阪はそれだけではありません!人情味にあふれている、フレンドリーに接する、など大阪人特有の気質は、日常生活だけでなくビジネスの場でも大いに発揮されているんです。それは誰もが知っている有名なビジネスパーソンを次々に生み出しているという歴史からも読み解くことができます。

経営の神様「松下幸之助」

日本の大企業のひとつ「Panasonic」の創業者である松下幸之助は、日本を代表する起業家の1人です。経営の神様と呼ばれているだけあって、松下幸之助を尊敬する経営者として名前をあげている人も少なくありません。いまやPanasonicは世界的な家電メーカーとして有名ですが、松下幸之助の原点は16歳のときに大阪の路面電車を見たことでした。路面電車が走っている姿から電気の将来性を予感したのです。その後、大阪電灯に就職、20代前半で独立し、Panasonicの前身となる松下電気器具製作所を開設したのですが、まさか路面電車が世界的企業のきっかけになるなんて、びっくりですよね。

起業家輩出企業を創設した「江副浩正」

江副浩正は愛媛県生まれですが、高校までを大阪で過ごしていました。東京大学に進学するために大阪を離れますが、大学在学中に人材派遣会社として有名なリクルートの前身、株式会社大学広告を設立しました。リクルートという名前はCMでもよく耳にするため、就職や転職に関係ない人でも知っているほど有名な企業です。

流通王と呼ばれた「中内功」

大阪に生まれた中内功は学生時代は神戸で過ごしていますが、戦後、医薬品や食料品を低価格で売る小売店「ダイエー」を開店しました。全国にチェーン展開し、流通に革命を起こしたことから流通王と呼ばれるようになったのだとか。紆余曲折あって、今はダイエーを見かけることはできませんが、日本の流通の礎を築いた偉大な起業家です。

挑戦することに重きを置いた「鳥井信治郎」

鳥井信治郎は日本を代表する飲料メーカー、サントリーの創業者です。大阪で生まれ育ち20歳の頃に独立して、ワインやウィスキーの製造、販売に尽力しました。サントリーは日本の酒類文化をリードしてきた存在ですが、その礎となったのはサントリーの企業理念でもある「やってみなはれ」という挑戦し続ける精神でした。やってみよう!と挑戦し続ける姿勢がサントリーをここまで大きくしてきたのです。

大阪には商売気質が備わっている

東京で成功したからといって大阪でもその商売が成功するとは限りません。なぜなら、大阪人は合理主義の傾向が強いため「価値のあるものを安く買いたい」と思っている人が多く、本質を見抜くことに長けているからです。そのため、大阪でビジネスをするのであれば、見栄やごまかしのあるものよりも本質をつくビジネスの方が成功する可能性が高いのです。

大阪で働きたいならチェックしておこう!

  • メリットデメリットを比較!

    大阪への転職を後悔しないために、事前にメリットとデメリットをよく理解しておきましょう。大阪は経済が活発化しているため求人も多く集まっていますが、数が多いため中にブラック企業が混ざっていても見極めることはそう簡単なことではありません。また、大阪はウェットな人間関係を好む傾向があるため、なじむまで時間がかかってしまうことがあります。

大阪で働きたい方へ

当サイト「なにわ求人情報局」では、東京に次ぐ第二の都市・大阪で人気がある業界を中心にお仕事事情や転職を成功させるポイントを紹介しています。当サイトについてのお問い合わせは【こちらから】お願いします。